• 開業支援・入会案内
  • 入会のメリット
  • 開業までの流れ
  • 申請書取得

開業までの流れ

保証協会に加入することにより、1,000万円の営業保証金を供託しなくても60万円の弁済業務保証金分担金を納付することにより営業できます。

開業までの流れ

①所轄の土木事務所、支庁土木事務所建築班へ免許申請

1.免許申請書を宅建協会で入手します。
 (県庁建築指導課HPからもダウンロードできます。)

2.免許申請に必要な書類を揃えます。
 (登記されていないことの証明書、身分証明書、法人の場合は登記事項証明書等)

3.所轄の土木事務所等で、免許申請の受付を行います。

②許可通知

免許権者(県庁土木建築部建築指導課)の審査等が終わりましたら免許許可の通知(ハガキ)が郵送されます。
この許可が下りてから宅建協会に入会の申込が出来ます。

③宅建協会へ入会の申込み

1.入会申込書を宅建協会で入手します。
 入会申込書の提出期限と面接の日程を確認します。
 (面接日は月2回のみ行いますので、確認が必要です。)

2.入会申込書に必要な書類を揃えます。
 (免許申請時に必要な書類とほぼ重複しますので、①の時点で一緒に取られることをお勧めします。)

④入会面接・承認

宅建協会にて、代表者、専任取引士同席で面接を受けていただきます。
面接終了後、会長l、副会長の承認を得て、入会金等明細書等をFAXで送信します。

⑤必要経費納入

現金ご持参、もしくはお振込みどちらでも対応します。

⑥弁済業務保証金分担金納付書の交付

入金後、領収書、弁済業務保証金分担金納付書を発行します。
また、事務所に掲示義務のある「業者票」「報酬額表」等を差し上げます。

⑦免許証の交付

⑥で交付された弁済業務保証金分担金納付書(1枚)を免許権者(県庁土木建築部建築指導課)へ提出すると、
免許証を受領する事が出来ます。