• 開業支援・入会案内
  • 入会のメリット
  • 開業までの流れ
  • 申請書取得

申請書取得

知事免許申請

免許申請書ダウンロード(県提出用)

沖縄県 土木建築部 建築指導課のダウンロードページへリンクします。

沖縄県宅地建物取引業免許申請の手引について

沖縄県宅地建物取引業免許申請の手引ダウンロード

沖縄県 土木建築部 建築指導課のダウンロードページへリンクします。

沖縄県知事免許申請に必要な書類一覧

番号   新規申請 更新申請
個人 法人 個人 法人
1面 免許申請書 1  
2面 役員に関する事項(法人の場合) 2    
3面 事務所、法令で定める使用人及び専任の取引士に関する事項 3
4面 専任の取引士に関する事項 4
5面

証紙貼り付け欄(沖縄県証紙3万3千円) 5
  添付書類    
1 宅地建物取引業経歴書 9,10 最初の免許欄
に新規と記入
2 誓約書(別記様式第2号添付書類(1)) 11
3 専任の取引士設置証明書 12
4 相談役及び顧問等調査 13,14    
5 事務所を使用する権限に関する書類 17
6 略歴書 18
7 資産に関する調書 19    
8 宅地建物取引業に従事する物の名簿 20
9 事務所付近の地図 22
10 事務所の写真 23,24
11 事務所付近の都市計画図 ※用途地域がわかるもの  
12 登記されていないことの証明書  
13 身分証明書  
14 貸借対照表及び損益計算書(過去1年分)      
15 直前1年の納税証明書(税務署発行 様式その1)新設法人は添付不要  
16 法人登記簿謄本(履歴事項全部説明書)      
17 住民票抄本 ※マイナンバーが記載された書類は提出不可  
18 供託書の写し又は弁済業務保証金分担金納付書の写し      
19 宅地建物取引士証の写し  
届出書類 登録申請 変更登録申請 登録移転申請 死亡等届出 合格後1年以内取引士証交付申請 合格後1年超取引士証交付申請 取引士証再交付申請 交付申請取引士証書換え
氏名 本籍 住所 勤務先 住所 氏名
1 登録申請書(様式第5号)                      
2 変更登録申請書(様式第7号)                
3 登録移転申請書(様式第6号の2)                      
4 取引士死亡等申請書(様式第7号の2)                      
5 取引士証交付申請書(様式第7号の2の2)                    
6 取引士証再交付申請書(様式第7号の5)                      
7 取引士証書換え交付申請書(様式第7号の4)                    
8 誓約書(様式第6号)                      
9 実務経験証明書(様式第5号の2)もしくは実務講習修了証明書                      
10 身分証明書                      
11 登記されていないことの証明書(成年被後見人、被補佐人でないことの証明)                      
12 住民票抄本または住居表示変更証明書                      
13 住民票抄本                      
14 合格証の写し                    
15 戸籍抄本                  
16 宅地建物取引士講習会受講証明書                      
17 移転先での就職証明書                      
18 取引士証                    
19 登録完了通知書                      
20 顔写真(申請書貼付用)              

入会申込に要する書類及び作成要領

番号
書 類 名 称
摘    要
要     点
1 入会申込に要する書類及び作成要領    
2 不動産キャリアパーソン 代表者、取引士、従業者、どなたでも受講できます。 詳細はこちら
3 沖縄県不動産流通機構入会申込書(Excel書式、Word書式)   任意
4 免許権者の許可通知書 法第3条1項の規定による免許許可通知書(ハガキ) コピー(A4サイズ)
5

保証協会入会申込書
(2部提出)
(1)申込者住所・・・・・・法人、個人(会社所在地)
(2)印        鑑・・・・・・法人(会社実印)個人(個人実印)
(3)免許証番号、知事免許→沖縄県知事( )第〇〇〇〇号
(4)商号、代表者氏名、専任の取引士氏名(楷書で記入)
(5)取引士登録番号、登録県名も記入
(6)主たる事務所所在地、正式に詳しく記入

    例:沖縄県〇市〇〇丁目〇番〇号ビル〇階
      (町村は郡部も記入)
        電話番号  市外局番も記入

(7)申込者業歴

  ア.職歴を記入する際自年月~至年月を明記
  イ.古い年月順に現在までの勤務又は経営か役職を正確に記入

免許許可通知書から転記

宅地建物取引士証コピーを添付

6 【宅建業協会用】

●誓約書
(法人・個人)

●印鑑
法人・・・・・・会社の実印を押印
個人・・・・・・代表者個人の実印を押印
 
7 【保証協会用】

●誓約書
(法人のみ)

●連帯保証書
(法人のみ)

●誓約書
印鑑・・・・・・会社の実印を押印
●連帯保証書
代表取締役が2名以上の場合・・・登録申請した代表取締役を記入(個人実印押印)
代表取締役が1名の場合・・・1名について記入(個人実印押印)
印鑑証明書添付
(発行3ヶ月以内のもの)
8 略歴書 (1)古い年月順に現在までの勤務又は経営か役職を正確に記入
(2)本籍地は県名から記入。現住所は住民票抄本記載どおり記入

  アパート、マンション、団地名まで記入して下さい。
  (代表者、取引士は個人実印を押印)

記入例を参考にして下さい。

法人
(代表者・役員・政令使用人・取引士)
個人
(代表者・取引士・政令使用人)
※法令使用人とは支店長又は支配人のこと
9 宅建業協会入会申込書
(2部提出)
保証協会入会申込書記入要領に準じて記入
(1)本籍地は県名から記入現住所は住民票抄本どおり記入
(2)申込者住所は会社所在地を記入
印鑑証明書添付
免許許可通知書より転記
10 【宅建協会用】

  
●連帯保証書

  
●保証金預託書

(1)連帯保証書の提出

 ①連帯保証人の条件

●沖縄県に住所のある方
●20歳以上、70歳未満の成年者で収入のある者
●成年被後見人、被保佐人でない者
●暴力団員、又は反社会的団体の構成員でない者

 ②連帯保証人の範囲
  会員が、(公社)沖縄県宅建業協会に支払うべき責務であり、
(公社)宅建業保証協会の弁済業務に係る債務は含まれない。

(2)保証金預託書の提出

  連帯保証人に代えて、150,000円(年会費5年分)を預託する。

※(1)か(2)どちらかを選択することができる。

連帯保証人の書類添付
①登記されていないことの証明書
②印鑑証明書
③所得証明書
④身分証明書
(運転免許証のコピー可)
11 住民票抄本 代表者及び取引士について提出(本籍地記載) 発行3ヶ月以内のもの
12 印鑑証明書 代表者及び取引士について提出 発行3ヶ月以内のもの
13 写    真 代表者顔写真必須 カラー(サイズ不同)
14 事務所案内図 ●事務所近くの公共施設等目印になるものを記入
●商号・住所・電話番号を記入
事務所は赤で表示し、方位の表示をする(↗)
15 商業登記簿謄本 法人のみ提出    発行3ヶ月以内のもの 法務局発行の謄本
16 政治連盟入会申込書
(2部提出)
申込者、住所は代表者個人の住所、名前を記入(個人の実印)  
17 (株)沖縄県不動産会館
 
株式申込証
出資者は販売物(一部)は5%割引となります。  

変更届

番号
書 類 名 称
1 会員名簿登録事項変更届(2部提出)
2 宅地建物取引士変更届
3 廃業・退会・事務所廃止届(2部提出)